2019年05月24日

お金の使いどころと、目の付け所が素晴らしい

先日、下記の記事を書きました。

カータースチュワート

個人的に思う事。

ソフトバンクホークスは?

右矢印1お金の使いどころと、目の付け所が素晴らしい


という事である。


ルール的にどうか?(とかは知らない)
だが、カータースチュワート投手が
ブレーブスと契約破談になった段階で

獲得調査に動いていたとか?


で、契約合意(まだ成立してないけど、たぶん大人の事情で調整が必要)
に至っている。(らしい)

他球団はたぶん動いてないでしょうね。
こういった発想力もないでしょう。

実に、ソフトバンクホークスらしいな・・・。

と思ったりします。


で、そのカータースチュワート投手が
日本行きを希望した理由が?

右矢印1ソフトバンクホークスの練習施設の充実さ
※おそらく育成プランも提示しているはず。

こういった設備は
選手育成にとって重要である。

出来る限り、最高の環境を整える
↑これは経営努力と思う。


そして、活躍したら、大幅アップである。


たしかに、金満球団である。
だが、FAにしても、外国人補強についても
不必要な戦力補強というのがほとんどない。
※中の選手をみて、今必要な選手を見極める編成能力は素晴らしい。

そして、動くとなれば、全力で
12球団で最高値をつけてくる。


どこかの球団のように
実績のある選手ばかり獲得し、結局、大して戦力にならない・・・。
=2軍で若手の成長機会を奪う結果になると気づかない。

同じ金満球団でも
ここまで違うのである・・・。

どこで差がついたか?

私は、2011年頃が分岐点だった気がするのである・・・。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

野球ランキング

スポンサーリンク

posted by グランドスラム at 09:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | プロ野球
この記事へのコメント
巨人のことを指しているのであれば認識が間違っていますね。今の巨人の下は若手だらけですよ。
Posted by at 2019年05月24日 11:43
全然違いますよ。
管理人さんお得意の巨人下げしても全くの筋違い。

スチュアートの代理人はあのスコット・ボラスであり、要はメジャーのドラ1なのにそれにふさわしい契約をしてくれないので、日本球団の中でお金のあるソフトバンクに売り込んだだけの話。

メジャーは基本FAを得るまでの6年間は年億単位の年俸はもらえませんから。
大谷を見ればわかるとおり、FAを取得するまでは薄給の身分です、どれだけ実績残そうとね。

であれば、6年間で約7.7億円を保証してくれる
ソフトバンクに売っておこう・・・ソフトバンクに育てさせたその後は、ポスティング等でメジャーに高く売り儲けようとしているのがスコット・ボラスの戦略です。

豊浦彰太郎氏の以下のコラムを読めばよくわかりますよ。
ソフトバンクはかなりのリスクを背負ったことが分かりますから。

「偉大な実験?それとも・・・NPBを選択した米ドラ1右腕、代理人、ホークス、それぞれの目論見とリスク」
https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20190524-00127153/

あと、今回の件で日本球界がこういう引き抜きをした以上、大船渡の佐々木君がメジャーに引き抜かれてもNPBは何も言えなくなることを管理人さんは理解しているでしょうか?
そういうリスクもあるのですよ。
Posted by おいおい、本当にわかってるの? at 2019年05月26日 20:26
>おいおい、本当にわかってるの?さん

コメントありがとうございます。

>全然違いますよ。
>管理人さんお得意の巨人下げしても全くの筋違い。

まー個人の意見ですからね。

ただ言えることは良いもの良い
ダメなものはダメと
私が思う事を書いているだけの事ですね。

筋が違うか?どうかは、
結果が証明するのではないでしょうか?

過去と同じ失敗していて残念だな・・・という感じです。

来年は、今年の若手の経験が活かせると良いですね。


>スチュアートの代理人はあのスコット・ボラスであり、要はメジャーのドラ1なのにそれにふさわしい契約をしてくれないので、日本球団の中でお金のあるソフトバンクに売り込んだだけの話。

>メジャーは基本FAを得るまでの6年間は年億単位の年俸はもらえませんから。
>大谷を見ればわかるとおり、FAを取得するまでは薄給の身分です、どれだけ実績残そうとね。
>
>であれば、6年間で約7.7億円を保証してくれる
>ソフトバンクに売っておこう・・・ソフトバンクに育てさせたその後は、ポスティング等でメジャーに高く売り儲けようとしているのがスコット・ボラスの戦略です。
>
>豊浦彰太郎氏の以下のコラムを読めばよくわかりますよ。
>ソフトバンクはかなりのリスクを背負ったことが分かりますから。

で?そのリスク想定してるではないでしょうか。

有望選手を数年使えるメリットは残りますね。
活躍するか?は、選手次第ですね。

>「偉大な実験?それとも・・・NPBを選択した米ドラ1右腕、代理人、ホークス、それぞれの目論見とリスク」
>https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20190524-00127153/
>
>あと、今回の件で日本球界がこういう引き抜きをした以上、大船渡の佐々木君がメジャーに引き抜かれてもNPBは何も言えなくなることを管理人さんは理解しているでしょうか?
>そういうリスクもあるのですよ。

これまた。

で?というご意見ですね。

現時点でそうゆうリスクは、毎年ありますね。

日本の中卒の選手ですら
マイナー契約する可能性のある時代です。

日本のアマチュア選手に関して

現時点では、ほぼメジャー側の言いなりですよね。
※選手の意思次第。


それって?現状と変わらないのではないでしょうか。

また、本件とはあまり関係と思いますね。
※なにかしら?のアクションに繋がる可能性はありますが、むしろ、現状打破のために、一石投じられるなら、その方が良いのではないでしょうか。


最後に、当ブログをお読みくださっているようで
ありがとうございます。
Posted by グランドスラム at 2019年05月27日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186040629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク