2019年05月25日

広島カープに3タテを喰らうも・・・強いと思う。

さて、2019年のセリーグは
広島カープが10連勝とノリに乗っている。


で、2カード前に
広島カープに3タテを喰らうも・・・強いと思う。

感じさせるのが?
2019年の阪神タイガースである。

なぜ?そう思うのか?

右矢印1接戦で勝ちきっている点である。


たしかに、打線は3点取れるか?どうか?
という構成である。

だが、リリーフ陣の安定感は?
広島カープと比べ、遜色ないレベル
である。
※量の部分で、やや落ちるけど。


先日、下記の記事を書きましたが・・・。

最低4人できれば6人のリリーフ投手が必要な時代


まさに、2019年の阪神タイガースは、そうゆうチームに近い。

このチーム構成なら、
ペナントレースで勝率5割は計算が立つ。


と、私はシーズン前から書いてきた。
※2019年のセリーグでこの基準を満たしているのは2チームしかない。他は正直計算できない。


ペナントレースとは?
本質的に、如何に、勝率5割以上にするか?


というゲームである。
※CSや日本シリーズとなると・・・また見るべきポイントは変わる。

ちなみに、CSや日本シリーズのような短期決戦は?※勝ちパターンがある前提なら。

2大エースを揃えろ!!!

である。

これも単純である
3勝もしくは4勝を先にすれば勝ちなので
2大エースがいれば、3勝できる可能性が高い。

他の先発投手&リリーフで1勝という計算である。
※2人のエースで4勝なら文句なし。


単純な算数である。
これも、わからない評論家って
ほんと多いよね・・・って感じである。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

野球ランキング

スポンサーリンク

posted by グランドスラム at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186045313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク